VRゲーム『ソード・オブ・ガルガンチュア』秋までの開発ロードマップが公開!

引用元:アスキー
VRゲーム『ソード・オブ・ガルガンチュア』秋までの開発ロードマップが公開!

VR剣戟アクション『ソード・オブ・ガルガンチュア』が2020年内の開発ロードマップを公開。また、大型アップデート「オーパーツ・ラビリンス」の新情報も!

【もっと写真を見る】 VRゲーム『ソード・オブ・ガルガンチュア』秋までの開発ロードマップが公開! 写真:アスキー  よむネコは4月8日、VR剣戟アクション『ソード・オブ・ガルガンチュア』において2020年秋までの開発ロードマップを発表した。
 
 これにはアドベンチャーモードの大型アップデート「オーパーツ・ラビリンス」、プレイヤーがゲーム内コンテンツを作成できる「Modモード」、最大10人のプレイヤーが交流できる「オンラインラウンジ」、プレイヤー同士が一対一で対戦ができるPvPモード「デュエル・オブ・ガルガンチュア」(仮称)などが含まれるという。
 
 以下、リリースより。
 
2020年 秋までのロードマップ詳細
※下記のスケジュールは変更になる場合があります。
 
2020年 春
Modモード(β版)
 
 プレイヤーの移動速度や攻撃力などのゲーム内パラメータを変更したり、自分だけのステージを作ることができるモードです。作成したデータは他のユーザーとも共有できます。先駆けてPC VR版※のみにリリースしていたα版のModモードが、 Oculus Questにも対応したβ版となります。
 
※PlayStation VR版のMod対応はございません。
※PC VR版:Steam VR、 Oculus Riftストア、 VIVEPORTの各対応ハード
 
オンラインラウンジ
 
 最大10人のプレイヤーが交流するための新エリアです。ボイスチャットや、新機能「エモーション」(表情や定型文)を使ってコミュニケーションを取ることができます。また、その場にいるプレイヤー同士でパーティーを組んで、各ステージに挑戦することも可能です。
 
2020年 夏
PvPモード「デュエル・オブ・ガルガンチュア」(仮称)
 
 物理シミュレーションを活用したVR対戦格闘「デュエル・オブ・ガルガンチュア」(仮称)のβ版を公開します。本コンテンツは目の前の存在が本物の人間だからこそ感じられる緊張と駆け引きを実現した本格的な対戦格闘ゲームとなります。
 
 本コンテンツは 『ソード・オブ・ガルガンチュア』内のコンテンツとして統合され、ロビーやオンラインラウンジから対戦相手を見つけて対戦することができるようになります。
 
2020年 秋
大型アップデート 「オーパーツ・ラビリンス」
 
 「オーパーツ・ラビリンス」とは、「ラビリンス」と呼ばれる自動生成されたマップを舞台に、隠されたオーパーツを入手していく大型アップデートコンテンツです。
 
 最大4人でラビリンスへ潜入し、迷宮内を探索して隠されたオーパーツを集めていきます。オーパーツを使用することで、新たなボスやエネミーに対抗するための手段を得ることができます。
 
 また、このアップデートと同時に魔法や弓矢などの新たな武器も実装も予定しています。
 
【ゲーム情報】
タイトル:SWORDS of GARGANTUA(ソード・オブ・ガルガンチュア)
発売日:2019年6月7日
対応ハード:
 ・Oculus Rift S
 ・Oculus Rift
 ・Oculus Quest
 ・HTC VIVE
 ・WindowsMR
対応言語:日本語/英語/中国語
ジャンル:マルチプレイ剣戟アクション
プレイヤー:1~4名
パブリッシャー: gumi Inc.
開発元: Yomuneco Inc.
 

文● Zenon/ASCII

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする