「Thunderbird 68.6」が公開 ~転送量を削減する部分アップデートの仕組みが導入される

引用元:Impress Watch
「Thunderbird 68.6」が公開 ~転送量を削減する部分アップデートの仕組みが導入される

 メールソフト「Thunderbird」の最新安定版v68.6.0が、3月12日にリリースされた。新しいプロファイルで起動する際、ポップアップウィンドウを表示するようになったほか、データ転送量を抑えるため、パーシャルアップデートの仕組みが導入された。また、セキュリティ修正を含む3件の不具合が修正されている。

 本バージョンにおける脆弱性の修正は、全部で7件。深刻度評価の内訳は上から2番目の“High”が4件、3番目の“Moderate”が3件となっている。「Thunderbird」は初期設定でJavaScriptが無効になっているため、「Firefox」ほどリスクは高くないが、有効にしている場合は十分に注意したい。

 「Thunderbird」はWindows/Mac/Linuxなどに対応する寄付歓迎のフリーソフトで、現在公式サイト“thunderbird.net”からダウンロード可能。Windows版はWindows 7/8/10/Server 2008 R2に対応しており、窓の杜ライブラリからもダウンロードできる。すでにインストールされている場合は、アプリの自動更新機能を利用してアップデートすることも可能だ。 窓の杜,樽井 秀人

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする