リコーを独立した「THETA」開発チームが「ペン型360度カメラ」に挑む理由…新型コロナショック乗り越える

リコーを独立した「THETA」開発チームが「ペン型360度カメラ」に挑む理由…新型コロナショック乗り越える

3月10日、あるベンチャーがペン型の全天球カメラを発表する。正式名称はまだない。詳細スペックも公開されず、発売時期も「年内」としかわからない。

【全画像をみる】リコーを独立した「THETA」開発チームが「ペン型360度カメラ」に挑む理由…新型コロナショック乗り越える

開発したのは、2013年に元祖全天球カメラ、リコーの「THETA(シータ)」を作ったチーム。つまり元リコー社員たちだ。

彼らはリコーから独立し、新たに「Vecnos(ベクノス)」というスタートアップを起業した。この製品はいわば、全天球カメラというジャンルを作った人々からの「もうひとつの回答」だ。

目指すは「THETAと違う」全天球カメラ

360度カメラ・全天球カメラと呼ばれるものは、2013年に発売されたリコーの「THETA」から広がった、といって過言ではない。仕組みについては以前から知られていたが、シャッター1回で全天球の写真を撮れる製品として世に出したのは、THETAが最初だった。

その後、全天球カメラは多数の企業から登場したが、構造的にはTHETAに近い「細長いボディの前後に魚眼レンズを付ける」構造が支配的になった。

今回の製品は、「全天球カメラ」という特徴は同じだが、THETAとも他の製品とも大きく違う。

サイズはペンライト程度の大きさしかなく、金属製のスリムなボディが特徴だ。側面に3つ、頂上に1つと4つの魚眼レンズを備えており、これらの画像を合成して全天球撮影を行う。ボタンひとつで動画や静止画を撮影できる。

ベクノス・CEOの生方秀直(うぶかた・ひでなお)氏は、「全天球カメラの構造はTHETA以降ほとんど変わっていません。しかし今回の製品は、本体もゼロから新規設計。THETAとは大きく違う、独自のもの」と語る。内部構造はまだ「マル秘」だ。

「全天球カメラは、ガジェットとしては600万台程度の市場ですが、まだまだ伸びます。伸びていないのは、デザインなど黒い『ギークっぽい』感じで画一化されているから。例えば、女子会で黒い全天球カメラがカバンから出てきたらギョッとする人もいるでしょう。より広い人々の生活に溶け込めそうなものを目指しました」

と生方氏は言う。実は、着想のきっかけはパナソニックの女性向け電動歯ブラシ。スリムで小さなカバンにも難なく入り、どこでもサッと使えそうなものを狙った。

撮影は機器単体でも行えるが、スマホアプリやサービスと連動し、「他人と風景をシェアする」機能も用意される。こちらがどのようなものになるかはまだ秘密。

「360映像を深く、高いレベルで楽しませるためのしかけを用意しています。360動画の楽しみ方にも、現代的なアレンジが必要、と考えています」

と、生方氏はヒントを語る。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする