「マリオ」「スト2」ミレニアル世代のノスタルジーを刺激する「レトロゲーム」をブランディングで活用する企業続々

引用元:AMP[アンプ]
「マリオ」「スト2」ミレニアル世代のノスタルジーを刺激する「レトロゲーム」をブランディングで活用する企業続々

「レトロ」という言葉を聞いて何を思い浮かべるだろうか。昭和の町並み、メンコやビー玉などを思い浮かべる人は少なくないはずだ。

日本では過去数回に渡り昭和懐古ブームがあったとされ、そのときに定着したイメージが一般的なイメージとして語られる場合が多いためと考えらる。直近で思い出されるのは2005年に公開された映画「AlWAYS 三丁目の夕日」だ。

1958年の東京の下町を舞台した人間ドラマで、多く映画賞を受賞し、高い評価を得たといわれる大ヒット映画だ。これによって「レトロ=昭和の世界(高度経済成長が始まった頃)」というイメージが一層強まったと考えられる。

しかし、レトロとは本来人それぞれ意味が異なるもの。時代や世代が変わればレトロの意味も変わってくる。

日本でこまれでレトロといわれた世界観は、主に団塊世代のノスタルジーを刺激するもの。「AlWAYS 三丁目の夕日」の時代設定は1958年。1947~49年生まれの団塊世代の人々が幼少期を過ごした時代と重なる。実際、同映画の制作において団塊世代が主なターゲットと考えられていたという。

一方、他の世代にとってのレトロとはどのような世界観なのか。団塊世代やその1世代後のX世代と思考やライフスタイルが異なるとし、よく比較されるミレニアル世代。そのレトロ観も前世代と比べ大きく異なっている。

ノスタルジー(郷愁感・懐かしさ)を刺激するものを「レトロ」と呼ぶ。それは多くの場合、幼少期・青年期に触れ・経験したことやものである。

団塊世代にとっては、メンコやビー玉、また昭和の町並みがノスタルジーを呼び起こすものとなっている。一方、ミレニアル世代にとって、団塊世代のレトロ観はある程度共有できるものの、同じ経験をしたことがないため、「リアル」な懐かしさを感じることはあまりない。

ではミレニアル世代は何にリアルなノスタルジーを感じるのか。その1つが「ゲーム」だ。

1980年代序盤~90年代中盤までに生まれたミレニアル世代。その多くが任天堂の「ファミコン」や「スーパーファミコン」、ソニーの「PlayStation」とともに子供時代を過ごしている。

現在25~40歳くらいの人々がその範疇に入るが、昔プレイしたゲームやその音楽に強烈なノスタルジーを覚える人は少なくないはずだ。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする