ハイセンス、液晶4K「U8F/U7F」発表–「ユーザーのベストな選択肢に」

引用元:CNET Japan
ハイセンス、液晶4K「U8F/U7F」発表--「ユーザーのベストな選択肢に」

 ハイセンスジャパンは4月27日、BS、CS4Kチューナーを内蔵した液晶テレビ「U8F/U7F」を発表した。65、75V型の大画面モデルをそろえ、大画面&高画質テレビを打ち出す。発売は5月下旬から順次。

 U8Fは、75、65、55、50V型の4モデルを用意。本体には、2018年に傘下に収めた東芝映像ソリューションと共同開発した「NEO エンジン plus 2020」を搭載し、繊細かつ鮮烈な映像を再現。シーンごとに適した超解像処理をする「AIシーン別超解像処理」と適切なフレームを参照して ノイズリダクションを実施する「AIモーション別超解像処理」を備え、ノイズを抑えたクリアな映像を映し出す。地デジを4K画質にアップコンバートする際は、3段階の超解像処理により自然で高精細な映像を実現している。

75U8F(75V型、想定税別価格:23万円、発売予定日:6月下旬)
65U8F(65V型、想定税別価格:18万円、発売予定日:5月下旬)
55U8F(55V型、想定税別価格:15万円、発売予定日:5月下旬)
50U8F(50V型、想定税別価格:13万円、発売予定日:2020年秋)

 U7Fは、65、55、50、43V型の4モデルをラインアップ。階調表現力と微小信号の再現性を向上した「NEO エンジン 2020」により、地デジも4K放送も美しく再現する。映像を複数のエリアに分けて解析することで、ノイズ処理をする「エリア別高精細復元」、文字の周りやエッジの周辺に出やすいモスキートノイズや処理範囲が広いときに出るブロックノイズを低減する「高精細ノイズ処理」を搭載。映像設定から「ワイドビューアングル」を選べばテレビの視野角が広がり、正面から見る事が出来ない場所でも視聴できる。

 バックライトと液晶パネルの間に「バックライトブーストフィルム」を挟むことで、偏光フィルムによって遮られていた光を反射。遮られた光を再利用することで、輝度全体をアップする。

65U7F(65V型、想定税別価格:14万円、発売予定日:5月下旬)
55U7F(55V型、想定税別価格:10万円、発売予定日:5月下旬)
50U7F(50V型、想定税別価格:9万円、発売予定日:5月下旬)
43U7F(43V型、想定税別価格:8万円、発売予定日:5月下旬)

 両シリーズともに、より明瞭度の高い臨場感あふれる高音質を再現する「Eilex PRISM」を採用。各種VODサービスは、リモコンに6つのダイレクトボタンを設けたほか、「VIDAA 3.0」によりコンテンツ表示の順番を入れ替えたり、カスタマイズできたりと使いやすい。

 ハイセンスジャパン 代表取締役社長の李文麗(リー・ブンレイ)氏は「ハイセンスジャパンは2010年に法人を設立し、2011年からテレビ販売をスタートした。現在は冷蔵庫洗濯機なども手掛け、いずれもエントリーモデルからはじめ、徐々にラインアップをミドルハイエンドへと広げている。日本市場における信頼性も向上し、売上、シェアともに右肩上がりで推移している」と現状を話した。

 ハイセンスジャパン 執行役員副社長の磯辺浩孝氏も「2019年に8%だった台数シェアを2020年度は12%へと上げていきたい。すべてのユーザーにおけるベストな選択肢として選ばれる商品を目指す。確固たるポジションを確立し、販売アップしていきたい」と目標を明らかにした。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする