【実機】新型iPhone SE「本当の性能」…Apple Pay対応、コスパ抜群。iPhone 11 Proとの違いは?

【実機】新型iPhone SE「本当の性能」…Apple Pay対応、コスパ抜群。iPhone 11 Proとの違いは?

第二世代となったSEは、初代SEからどう進化し、そして現役のiPhone 11とどう違うのだろうか? 実機による先行レビューで、その性能をさっそく確かめた。

【全画像をみる】【実機】新型iPhone SE「本当の性能」…Apple Pay対応、コスパ抜群。iPhone 11 Proとの違いは?

なお、新型コロナウィルスの感染拡大防止に伴う緊急事態宣言発令中につき、いつものiPhoneのレビューのように、方々で通信速度や写真撮影のテストを行うことができていない。自宅近辺での、ごく限定的な環境でのテストとなっている点をご了承いただきたい。

4インチの小ささは失ったが未だ「コンパクトサイズ」

初代iPhone SEは、「iPhone 5s世代のボディーデザインに、iPhone 6s世代の性能を詰め込んだ」製品だった。

今回の第二世代iPhone SEは、そういう意味では「iPhone 8世代のボディーに、iPhone 11世代の性能を詰め込んだ」デザインになっている。そして、初代と同じく「iPhone 8の後継」ではなく、あくまでSEというライン。初代SEの後継機だ。

iPhone 8のデザインになったSEは、ディスプレイが4.7インチになった。初代SEが4インチであったのに比べるとやや大きくなったのだが、それでも、現行のiPhoneの中では一番小さい。筆者は普段、一番大きい「iPhone 11 Pro Max」を使っているが、比べるとやはり相当な差だ。片手で握りやすいサイズだと思う。

それでも、初代iPhone SEのサイズ感を求めていた人には「大きい」と思うかもしれない。

この辺の感覚は、日本と海外で違う部分がある。日本ではいわゆる「フリック入力」が主流で、片手で入力する人も多い。それに対して海外、特にアルファベット圏は、PCなどと同じような「QWERTY」入力が多い。QWERTY入力の場合、スマホを両手で持って両方の親指で入力することがほとんど。両手を使う分、画面サイズも大きい方が入力しやすい。

もちろんそれでも、コンパクトなスマホを求める人はいる。とはいえ、日本に比べると少数派であり、一定のサイズを許容する傾向にある。iPhone 11やiPhone 8のサイズ感は、そうした状況にフィットする。「ここ数年の世界的スマホトレンドの中で、アップルとして許容できるサイズ・設計のものを選んだ」というのが実情だろう。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする