KDDI、位置情報ビッグデータ分析「KDDI Location Analyzer」を自治体へ無償提供

引用元:Impress Watch
KDDI、位置情報ビッグデータ分析「KDDI Location Analyzer」を自治体へ無償提供

 KDDIは、緊急事態宣言が全国へ拡大されたことを受けて、位置情報のビッグデータを分析するツール「KDDI Location Analyzer」を全国の自治体へ無償で提供する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「KDDI Location Analyzer」は、auのスマートフォンユーザーの位置情報をもとに、個人情報は取り去り、年齢層や性別を組み合わせて、商圏や観光地などの分析に活用できるツール。例として、緊急事態宣言前の4月上旬と、緊急事態宣言発令直後の時期を比べ、新宿駅(東京)周辺での年齢層・性別での人口の変化、梅田駅(大阪)への来訪者がどの地域からきているか、といったデータが紹介されている。 ケータイ Watch,関口 聖

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする