バルミューダがスピーカー発表「クレイジーと言われる自信がある」

引用元:アスキー
バルミューダがスピーカー発表「クレイジーと言われる自信がある」

バルミューダがスピーカー「BALMUDA The Speaker」を発表した。音楽に合わせてライブハウスのようにリアルに光るのが特徴。音作りは「クレイジーと言われる自信がある」という。

【もっと写真を見る】 バルミューダがスピーカー発表「クレイジーと言われる自信がある」 写真:アスキー BALMUDA The Speaker
6月中旬発売
3万5200円
https://www.balmuda.com/jp/speaker/
 
 高級な扇風機やトースターをヒットさせてきたバルミューダが4月22日、初のオーディオ製品となるBluetoothスピーカー「BALMUDA The Speaker」を発表。実際使ってみると、これはスピーカーというより新ジャンルの「箱庭ライブハウス」とでも言うべきものでした。
 
 一番のこだわりはライブハウスを思わせる照明効果。真空管のような筒に入った3つのLED照明が音楽のリズムや音の高低、サビなど曲の盛り上がりに合わせて光ります。
 
 光には音楽に合わせ激しく光る「Beat」、穏やかに光る「Ambient」、音楽と無関係にろうそくの灯のようにちらちらとゆれながら光る「Candle」3つのモードがあります。音楽が鳴っていないときもちらちらとCandle状態で光っていて、常夜灯としても使えそうです。
 
 オーディオとしては、アクリル製密閉型エンクロージャーに、77mm口径の大きなフルレンジスピーカーを上向きにつけた構造。パッシブラジエーターやバスレフなど低音を強めるしかけはなし。音作りはボーカル重視で、音質が格別に良いわけではないものの、ボーカルが主役のためライブ感が高まります。といって低域と高域を犠牲にするわけではなく、割に細かい音まで聴こえます。
 
 テーブルに置いて1mくらいの距離で聴くと、スピーカーの約15~20cm上から歌声、その上から高音、下から低音という独特の定位が得られるよう設計されています。
 
 光と音の効果がわかりやすいのはなんたってQUEENの「We Will Rock You」。「ドン・ドン・パッ」にあわせて「下・下・上」と光ります。フレディ・マーキュリーが歌いはじめると本体下についたステージライトのような照明も光を放ち、最後の盛り上がりで光量が増して全体がビカビカ光ります。THEATRE BROOKの「ノックしつづける男」なんかも「Beat」モードと好相性でした。
 
 Alva Notoや、Yaporigamiなどの音響やノイズをかけるとインスタレーション風になります。ボーカル重視の特性上、正弦波がめちゃきれいに鳴るってことはないのですが「あ、この音ちゃんと鳴ってる」と驚くほど細かい音も拾っていました。
 
 印象的なのはやっぱり照明。初めは「なんだよ、ただのオーディオビジュアライザーか」となめていましたが、暗い部屋で光らせるとまるでPA担当が後ろにいるかのようにタイミングぴったり。ボーカル優先の音作りと相まって「なんじゃこりゃ」と笑えるほどの臨場感がありました。
 
 ティーザーを見たとき競合はソニーのグラスサウンドスピーカーかと思いましたが、どちらかといえば博報堂のリリックスピーカーに近い印象です。
 
 ラジオ番組を聴いても電話をしても照明効果で話者の存在を強く感じます。光を通じて音楽を目で見ているようで、耳の聴こえない知人にも試してほしいと思えました。ライブに行けず人に会いたい気持ちが高まっている今こういう体験を求めている人はいるかもしれんなあとも思います。
 
●追求したのは音質ではなく「音楽体験」
 それにしてもバルミューダがオーディオに手を出すとは思いませんでした。きっかけを聞いてみると確かにバルミューダらしい斜めからのアプローチです。
 
 バルミューダを立ち上げる前ミュージシャンだった寺尾玄社長は「録音された音源は生の素晴らしい演奏には絶対にかなわない」という思いから「オーディオ機器だけは作らない」と決めていました。しかし社内のデザイナーたちが勝手に作ってきたコンセプトモデルに動かされたそうです。それはテレビ台のような形で音楽をかけると照明が光り、サビに来ると小さなミラーボールが回転するという奇妙なモック。実は社員が裏で操作しているというバカバカしい仕組みでしたが、照明効果に感激した社長は「これならいける」と開発を決めたそうです。
 
 ライブのグルーヴ感やエネルギーを伝えられるスピーカーを作れないか。まともにやったら音質勝負になってしまうが、バルミューダとしてそこで勝負をすべきではない。そんな主旨のもと、音質より音楽体験にこだわるスピーカーというコンセプトの開発が進められました。
 
 デザイナーの高野潤さんがデザインでこだわったのはステージを再現すること。LED照明が3つあるのはスリーピースバンドだからという説明に笑いました。
 
 「当初はバンド構成をイメージしていたのでボーカル、ギター、ベース、ドラムで4本だったんです。ただ、中央にはスターがいるべきだと考えると、4本だと後ろの1本にかぶってしまう。それなら3本で、スターがまんなかにいるべきなんじゃないかというのでこの形になりました。あと最初は外周にライトがなかったんですが、演者がいるならステージライトが必要だろうと」(高野さん)
 
 社長も照明効果には口うるさくダメ出しをしたと言います。
 
 「いかに音楽的に光るかにまあまあ命をかけたというか、ダメ出しの回数はびっくりしたと思います。『低域・中域・高域からどうやって(信号を)抽出して、どう光らせると音楽的か』をたどっていってだいぶリアルになってきた。ただAメロとサビが同じ光り方をしていたんです。それは波形から読むと当然で。聴いているとAメロはサビに比べてスカスカに感じるけど、実は波形はマックスまで使っている。なので機械ではAメロとサビの違いが分からず、サビでワッときてもAメロと同じ光り方なんです。それで最後のオーダーは、Aerosmithの『Livin' On The Edge』。ガガガッとギターが入ってかっこよく光ったあと、その後サビの『Livin' On The Edge』でドーンと来たときワッと明るくなるようにして、と言いました」(寺尾社長)
 
 そんな具合に、およそオーディオとは思えない開発が続けられました。
 
●「こいつらバカか」と言われる音作り
 オーディオとして肝心の音作りについては当初「これだけきれいに光るならまあまあ鳴ればいいんじゃないのと思っていた」(寺尾社長)ものの、作るうちにこだわりが出てきたそうです。当初めざしたものは意外なことにヤマハのスタジオモニターでした。
 
 「私が好きな音は、プレーヤーあがりなのでヤマハのスタジオモニター『YAMAHA NS-10M』だったんです。世界中のスタジオで使われたぱりっぱりの音。スタジオモニターはいかに解像度高く、どういうミックスになっているかわからせるためのものなので、リスニング用には疲れちゃう音。なんだけど、その音質がとても好きで。NS-10Mは20年前くらいに製造中止になったんだけど、そのあとにヤマハがHSシリーズというのを出して、かなりNS-10Mに近い音を作っている。それを普段は使ってるんです。その音が好きなので、まずは家から『YAMAHA HS5』というモデルを持ってきて『この音にしよう』ということにしたんです」(同)
 
 ドライバーユニットを選んで音を調整し、音質はかなりHS5に近づきました。しかし試作機で音楽を聴いていると、ある違和感があったそうです。
 
 「『あれ、俺音楽聴いてるとき何してんだっけ』と。光もあって、ボーカルが近くにいるように感じるのがこのスピーカーの特長だった。そのとき俺が聴きたいのはいい音じゃない、聞きたいのは歌なんだと気づいた。それで途中で浦くんと結託して、ボーカルだけ聴かせようと。とにかくシンガーの声が世界一通るスピーカーを作ろうというふうにコンセプトが変わっていったんですよ。目指したのは録音されたステレオ音源をいかに忠実に鳴らすかではなく、その前の演奏したときの音。歌でいえば、マイクで録った空気の振動を、信号に変えてデータにする。そうじゃなくて口元で鳴った音。ミュージシャンは本当はそれを聴かせたいと思っているはず。自分がそうだったので」(同)
 
 そのとき音作りの参考にしたのがU2の「One」でした。
 
 「5本の指に入る好きな曲なんですが、楽器の倍音がすごく入ってる録音なので、普通のステレオで聴くのと実際に演奏したのはちょっと違うだろうなと。恐らくギブソン系のハムバッカーとVOXのアンプを使って甘ひずみさせてるんだろうなと思うんですが、それならもうちょっと暖かい音がしてただろうなと。HS5はかなりその音がするんですが、普通のリスニングステレオで聴くと倍音が多いから全部向こうにいっちゃうんです。ボノの声も遠くに行きがちなミックスだから、ちゃんと声が前に来るというのをやりたかったんです」(同)
 
 開発担当の浦純也さんは、「いろんなメーカーが最高の音をめざしてやっている中、うちの音はそれらには負けてないと思っています」と胸を張ります。「すべてがいいとは言えないですが、あるところではよくできている。社長の言葉で言うと、ボーカルがよく聞こえる、声がよく聴こえるようにできているというところでは、世界最高峰の音が作れているという自信はあります」
 
 世界最高峰とはいえ、一般的なスピーカーとはまったくアプローチが違う音作り。常識的とはまったく言えない味つけの音に、社長はむしろ自信を持っているようです。
 
 「本来は録音した音を忠実にというのがリスニングスピーカーの定石であり、常識。常識を破るのがバルミューダの仕事だと。バランスとれてる、周波数特性フラット、そんなの関係ねえ。ボーカル至上主義だと。音作りのプロがこれに入ってるDSPの設定見たら『バカかこいつら』と思うはず。何やってんだお前らと。音を聞いたときそう思うかわからないけど、設定見たらあきらかにこの人たちクレイジーと言われると思うんですよね。その自信がある」(寺尾社長)
 
●これからの生活に、この「箱庭」は要りますか
 ロックな社長がクレイジーなものを作るのはいいとして、問題は3万5200円を出すクレイジーな人がどれだけいるかです。
 
 もっとよく鳴り、コストパフォーマンスにすぐれたスピーカーはごまんとあります。普通に音楽を聴きたいだけなら光は邪魔だろうし、いまどきBluetoothスピーカーに正面から向き合ったり、部屋を真っ暗にして聴くなんてことはほとんどありません。音楽を目で見たけりゃYouTubeにPVやライブ動画があるわけで、なんでわざわざこんなもん買わにゃならんのだと思う人もいるでしょう。趣味のおもちゃでしょう、たっかーいバッカじゃないのと笑う人がいてもおかしくありません。
 
 しかし世にも奇妙なこの「箱庭ライブハウス」を欲しいと思ってしまったら、今のところ選択肢はバルミューダしかないんですよね。バルミューダというのはあらためてそういうところなのかもしれない。そしてこの新しい価値観が受け入れられるとしたら、それは今しかないのかもしれないと思えます。光の向こうに人の気配を感じるスピーカー。これからの生活に、この「箱庭」は要りますか。BALMUDA The Speakerは思わず人にそうたずねてみたくなる、なんとも不思議な新製品です。
 
 

文● 盛田 諒(Ryo Morita) 編集● ASCII

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする