今こそじっくり読みたい! 実は仕事に役立つ「歴史、スポーツ、雑学の本」

引用元:Web担当者Forum
今こそじっくり読みたい! 実は仕事に役立つ「歴史、スポーツ、雑学の本」

第4回となる「私の本棚」に登場していただいたのは、運営堂の森野誠之さんです。マーケティングやWeb解析の本だけでなく、ビジネスにも役立つ歴史書やスポーツ関連本なども紹介していただきました。(編集部)

 

生き方や物事の考え方が身につく本をじっくり読んでいる

本を読むのは喫茶店、移動中の電車の中、就寝前が多いですね。机に向かってメモを取りながら読むということはないです。買うのは紙の本で、タブレットやスマホで読むことはほとんどありません。日頃からPCとスマホばかり見ていますし、ブルーライトで頭が刺激されているのでそれを戻すというか落ち着かせる意味で「紙の本」を読むことにしています。「仕事の合間のリラックス」という意味合いですね。 1 / 2 今こそじっくり読みたい! 実は仕事に役立つ「歴史、スポーツ、雑学の本」 森野さんの本棚 今こそじっくり読みたい! 実は仕事に役立つ「歴史、スポーツ、雑学の本」 本棚以外にもいろいろな場所に本を積んでいるという 興味のある本はとにかく買ってみるので積読になっていますし、本棚も全く整理されていません。本は本棚かどこかに積まれているということだけを覚えていればいいという考えです。図書館と違って私しか読まないですから、整理しておく意味もありませんからね。仕事関連の本は、「新たな知識を得るためにそのジャンルの本を3~5冊読んでみる」、あるいは「知っているジャンルの新刊を読んで知識のアップデートをする」、この2つの目的のために読むことが多いです。完全に仕事なので飛ばし読みで、要点だけを読むようにしています。じっくり読むのは本当に初めてのジャンルで、用語も何もかもわからないときだけです。

ちなみに、『ザ・ゴール』(エリヤフ・ゴールドラット:著)とか『ビジョナリーカンパニー』(ジム・コリンズ:著)など意識が高そうな本は買ってはみるものの読んでいません。性に合わないというかセレブ感があるというか、お金持ちの立食パーティに参加するイメージなので読んでいても息苦しいからです(笑)。

それ以外は、スポーツ、歴史、雑学の本を読むことが多いですね。私自身がこのあたりに興味があることもありますが、仕事に役立つことが多いからです。たとえば「社内ルールを決めるときには韓非子関連の本」「組織論ではスポーツチームの組織論」が役に立ちます。

歴史関連の書籍には、人間が数千年の年月を経た中での経験が書かれているので、生き延びるというか勝ち残るというか、とにかく人間にとって本質的なことが書かれています。特に戦争関連の本に関しては得るものが大きいです。

『孫子』や『六韜(りくとう)』などの「武経七書(ぶけいしちしょ)」は何度読み返しても気づきがあります。アレクサンダー大王やハンニバル、ナポレオンの戦史も面白いですね。北方謙三の『水滸伝(すいこでん)』『楊令伝(ようれいでん)』『岳飛伝(がくひでん)』も生き方の参考になります。

スポーツではサッカー関連を読むことが多いですね。単に世界で最も人気があるスポーツなので書かれている本も多いという理由からです。選手・監督の個人の本、戦術論、組織論、歴史などなど、サッカーという1つのテーマをいろんな角度から知ることができるので、物事の考え方の参考になることが多いです。どちらかというと、こうした歴史関連やスポーツ関連系の本をしっかり読んでいます。

 

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする